【レンズレビュー】LUMIX G 42.5mm F1.7は「寄れる」中望遠単焦点

Lumix
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スポンサーリンク

ミチルです。

 

マイクロフォーサーズのレンズレビュー第4弾。

 

今回の主役はPanasonicの中望遠単焦点

「LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S.」

です。

スポンサーリンク

基本スペック

・焦点距離 42.5mm(35mm判換算85mm相当)

・レンズ構成 8群10枚(非球面レンズ1枚)

・光学式手ブレ補正 POWER O.I.S 搭載

・画角 29°

・最短撮影距離 0.31m

・0.2倍(35mm判換算 0.4倍相当)

・最大口径比 F1.7

・大きさ 最大径×長さ φ55mm×約50mm

・質量 130g

 

メリット

1.「寄り」の撮影からポートレートまで幅広く使える中望遠

このレンズの最大のメリットは「寄れる」中望遠であることだと思います。

 

焦点距離42.5mmと聞いて「?」と思う方もいるかも知れませんが、35mm版換算にして考えると「あっ」となります。

そうです。「換算85mm」のレンズなんです。

換算85mmといえば、Canonの85mmのLレンズ、SONYのGレンズ、そしてNikonからも85mmレンズが発売されています。

いわゆる「ポートレートレンズ」です。

 

ポートレートで活躍するのは勿論ですが、このレンズのメリットは「寄れる」こと。

最大撮影倍率は35mm版換算で0.4倍になります。

0.4倍というと、望遠レンズの最大撮影倍率がこのくらいのことが多いですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の画像のように、このくらいまでは余裕で寄れます。

中望遠単焦点でここまで寄れるのは中々だと思います。

 

「最大撮影倍率が0.4倍」そして「F1.7」。

これが何を意味するか。

 

そう、「背景をボカせる」んです。

マイクロフォーサーズはセンサーサイズが小さいため、一般的にボケ量がフルサイズに比べ少ないです。

ですがこのレンズはこの明るさで寄ることが出来る。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この「寄れる」そして「背景をボカしやすい」という点が、このレンズの最大の特徴であると思います。

 

2.絞り開放から高い解像感

このレンズは絞り開放からかなり高い解像感の写真を撮ることが出来ます。

ピントの合うところはかなりカリッカリの描写をしてくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして先述したように、寄ることが出来る。

 

背景のボケと対象物のカリッカリの描写。

この2つを見事に実現してくれるのがこのレンズです。

 

3.安い。

これだけのスペックを持っておきながら、価格もかなり抑えめになっています。

2020年8月現在、およそ2万5千円前後で販売されています。

 

Panasonic的にはこのレンズはエントリーモデルなのでしょうか。

だとしたらかなり完成度の高いレンズだと思います。

 

(ちなみに、上位モデルとしてPanasonicから「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2 ASPH./POWER O.I.S.」が販売されています。

こちらはF値が1.2まで上がり、ライカ印を冠した代わりに、値段が10万円強とかなりお高めのレンズになっています。

プロユースの場合はこちらのライカレンズをオススメしますが、一般ユースには今回紹介しているF1.7のレンズが丁度いいと感じます)

 

4.マイクロフォーサーズならでは。小さくて軽い。

小さくて軽いです。約130g。

先日紹介したシグマの30mm F1.4よりふたまわりくらい小さいイメージです。

 

だけどボディとのバランスが悪いかというと決してそんなことはなく、どんなボディにも合うくらいの大きさです。

マイクロフォーサーズの中では大きめなOM-D E-M1 mark2に装着してもイイ感じです。

マイクロフォーサーズらしいカッコよさがあると思います。

 

デメリット

1.状況にもよるが若干色収差補正が甘め

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

標準的な輝度の場合は気にならないのですが、上の写真の一部高輝度のポイントのように若干パープルフリンジが出やすい気がします。

まあこれはどのレンズもF値が明るくなればなるほど出やすくなるのでしょうがないといえばしょうがないんですが、若干注意が必要です。

 

作例

すべてJPEG撮って出しです。

ボディはE-M1 mark2です。

F1.7
F1.7
F5.6
F1.7
F1.7

今後も適宜追加していきます。

 

まとめ

寄れることから、ポートレート以外にも様々な場面で活躍できる中望遠単焦点です。

絞り開放でも十分な解像感を出し、ボケと繊細な描写を両立した非常にバランスの良いレンズだと感じます。

 

そして「安い・小さい・軽い」マイクロフォーサーズらしいレンズだと思います。

マイクロフォーサーズの中望遠の中ではとても汎用性の高いレンズです。

オススメ。

そんな感じです。

 

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました