ATH-AVA500のイヤーパッドを交換したら大化けした話

オーディオ
スポンサーリンク

ミチルです。

私が長期サブとして使用していたオーディオテクニカのATH-AVA500。
過去二回記事にまとめています。

この子のウィークポイントとして、高級ヘッドホンと比べると解像感、ステレオ感がいま一歩だった点。

この点がイヤーパッドを交換したことで一気に解消され、メイン使用ヘッドホンに昇格されました。

交換したイヤーパッドは、もともとベリンガーの「HPX2000」に装着されていたイヤーパッド


先日購入したこの子もなんか今ひとつなヘッドホンだったので捨てるか売るかどうか迷っていたんですが…
比べてみるとイヤーパッドの大きさがATH-AVA500とほぼ変わらないことが判明。

いざHPX2000のイヤーパッドをATH-AVA500に装着してみると…

音が大化けしました

これまでちょっとイマイチだったステレオ感、そして音の解像感、この2つが明らかに向上しました。
おそらくイヤーパッドの素材が布素材のものから人工革素材のようなものに変わったのと、イヤーパッド自体が薄くなったことで耳との距離が近くなったからだと思います。

聴き比べに使った曲は以下の通り。
・official髭男dism「Stand by You」
 →全体的な音の解像感、バランス
・速水奏・新田美波「Secret Daybreak」
 →ボーカルの伸び
・ビリー・アイリッシュ「bad guy」
 →低音の鳴り方、解像感、音場、ステレオ感
・Meredith Brooks「Bitch」
 →ギターの解像感、ボーカルとインストのバランス

今回交換に使用したイヤーパッドは単体で売っているものではないのでなかなか参考にはならないとは思いますが…
ATH-AVA500、まさかイヤーパッドを交換することでここまで優秀な子になるとは思いませんでした。
交換する際はPUレザーのような革素材に近いもの、そして厚くないイヤーパッドに交換してあげることで大化けすると思います。

参考になれば幸いです。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました